フレンズ(ドラマ)25周年!気になるキャスト達の今はどうなってる?

エンタメ
スポンサーリンク

「フレンズ」(ドラマ)がアメリカで1994年に放送開始されてから、今年で25周年!

今も英会話教材としても、また飛行機でフリーで見れるドラマとして今でも人気の「フレンズ」(ドラマ)!今、見てもとても面白いドラマですね。

ドラマの放送が終了した後も活躍しているキャスト達の今を調べてみました。

 

 

 

25周年をむかえた「フレンズ」(ドラマ)とは?

「フレンズ」(ドラマ)は1994年9月22日よりアメリカNBCテレビで放送が開始され、2004年5月6日にシーズン10で最終回を迎えた大人気ドラマです。

放送開始当時にはほとんど無名だったメインキャスト6人は、「フレンズ」で一躍スターとなり、シーズン9には1話の出演料が日本円で1億2000万円ほどにもなったことで話題になりました。

 

 

「フレンズ」(ドラマ)のあらすじは?

シーズン1第1話「マンハッタンの6人」で、ジェニファー・アニストン演じるレイチェルが自分の結婚式から花嫁姿で逃げて、幼なじみのモニカとロスの兄妹のところに来る所からドラマは始まります。

お嬢様育ちで世間知らずなレイチェルの成長を中心にドラマは進み、親友のロスと別れたりよりを戻したりしながら大人になっていきます。

最終シーズンでは、キャリアを順調に重ねたレイチェルはルイ・ヴィトンのフランス本社での仕事を得るまでになっています。

 

最後までレイチェルとロスとの関係がどうなるのかわかりませんでしたが、最後はハッピーエンドとなりました。メインキャストの皆も落ち着くところに落ち着いたといったところでしょうか。

長年みんなのたまり場(?)だったモニカの部屋を解約してドラマは最終回となりました。

 

 

 

25周年をむかえた「フレンズ」(ドラマ)のキャストの今はどうなっている?

さて、1994年の放送開始から25周年をむかえた「フレンズ」(ドラマ)のメインキャストは今、どうなっているのでしょうか?

「フレンズ」(ドラマ)のメインキャストは

  • お嬢様育ちでおしゃれなレイチェル
  • モニカの兄で古生物学者、バツ1のロス
  • 神経質でお掃除好きのシェフ・モニカ
  • ロスの大学の同級生で、ジョークばかりのムードメーカー・チャンドラー
  • チャンドラーのルームメイトで売れない役者のジョーイ
  • スピリチュアルな発言の多い不思議女子・フィービー

の6人でした。今、6人はどうしているのでしょうか?

 

 

 

ジェニファー・アニストン(レイチェル・グリーン役)

世間知らずなお嬢様だったレイチェルが、愛のない結婚(結婚式)から逃げ出し一人前の社会人となっていく様子が「フレンズ」(ドラマ)の主軸となっていました。また、レイチェルの髪型やファッションも話題となっていましたね。

ジェニファー・アニストンの今は?

「フレンズ」婚と言われたブラッド・ピットとの結婚生活は2005年に離婚となりました。2015年にはジャスティン・セローと再婚しましたが2018年に離婚。

ブラッド・ピットが「レイチェル」の大ファンで、コネを使って「フレンズ」(ドラマ)にゲスト出演し、その縁でレイチェル演じるアニストンと結婚したことも有名ですね。

現在50歳ですが、相変わらずのキュートさでファッションや次回作などが話題になっていますね。

最新作はアダム・サンドラーと共演した「マーダー・ミステリー」で、Netflixで公開されています。

また、昨日(2019年9月6日)に、ジェニファー・アニストンがブラッド・ピットとデートをしたようだというニュースが流れました。こちらは続報がでたらまたこちらで更新したいと思います。
↓↓↓ジェニファー・アニストンとブラッド・ピットがイタリアで船でのデートを楽しんだらしい、との報道が!

 

 

「グリー」(ドラマ)の主役のレイチェル(リア・ミシェル)は、「フレンズ」(ドラマ)のレイチェルから名付けられた設定になっているのも有名な話ですね!

 

 

 

 

 

デイビッド・シュワイマー(ロス・ゲラー役)

モニカの兄で古生物学者のロスは、最初の結婚相手キャロルがレズビアンに目覚めてしまい離婚となりましたが、キャロルとの間に男の子を1人もうけました。離婚後に高校時代に片思いしていたレイチェルが現れたことで2人は急接近?
人生に仕事に迷走するロスの姿は意外と世の男性の共感を呼んでいたようです。
ロスは最後はバツ3になってしまいましたが、やっとレイチェルと無事ちゃんと付き合うことになって最終回を迎えましたね。

 

ロスといえばレイチェルへの思いをこじらせ、エミリーとの結婚式の誓いの場面でうっかりレイチェルの名前を口走ってしまい全員が固まるシーンが最高でした(笑)
あの場面がロスの人生をよく表す場面だと思います。

 

 

ディビット・シュワィマーの今は?

ディビット・シュワィマーは現在52歳。

アニメ映画「マダガスカル」で神経質なキリンのメルマン役でも有名ですね。最新作は「インテリジェンス」というコメディ・ドラマに主演しています。

 

 

 

 

 

 

コートニー・コックス(モニカ・ゲラー役)

結婚式から逃げて来た幼なじみのレイチェルを受け入れて共同生活を始めるモニカ。野心溢れるアシスタント・シェフでしたが、最後には自分のレストランを持つまでになっていましたね。

また、年の離れた眼科医リチャードと長く付き合っていましたが、結婚観の違いから結局別れてしまいました。

その時、失恋で打ちひしがれてチャンドラーと一晩の関係を持ってしまいましたが、お互いベストパートナーであると気づき皆に内緒で付き合い始めます。最後はチャンドラーと結婚し、養子を迎えて郊外の一軒家に引っ越して行くところで最終回を迎えましたね。

ム・セレック演じる眼科医リチャードとの別れと再会のシーンは泣けました。お互い愛し合っているのに同じ将来が見えないと嘆くモニカの姿には心打たれました。

コートニー・コックスの今は?

コートニー・コックスは現在55歳。

「フレンズ」(ドラマ)放送中の1999年にディビット・アークエットと結婚しました。その時には「モニカ」の結婚を祝って、番組のオープニングのキャスト全員の名義の最後に「アークエット」をつけて放送されました。(シーズン6第1話)

2人の間には女児が1人産まれましたが、2013年に離婚しています。

コートニー・コックスは現在も女優、監督、プロデューサーとしても活躍しており、最新作は2018年公開の映画「ニューヨーク、愛を探して(Mothers and Daughters)」でシャロン・ストーンやスーザン・サランドンと共演していますね。

また整形手術のしすぎで顔が変わってしまってことでも有名でしたが、現在は「元通り」にしたそうです。

↓↓↓ドキュメンタリー「Nine Months of pregnancy」の宣伝をしてるコートニーコックス

 

 

 

 

 

 

マシュー・ペリー(チャンドラー・ビング役)

ロスと大学時代のルームメイトで、現在はジョーイのルームメートのチャンドラ・ビング。6人の中で唯一普通の会社員として情報系(IT系)企業に勤務していました。チャンドラーは幼い頃のトラウマからかジョークばかりで独特の言い回しが特徴的。気の利いた切り返しが面白く、キャストが笑いをこらえる場面もよくありましたね。

ヘンな笑い声のジャニスとの腐れ縁で何度も別れようとするも行く先々で偶然出会ってしまうことも多く、チャンドラーのもとにジャニスが登場するたびに爆笑の展開でした!

その後に付き合ったキャシーとの失恋の痛手をモニカと慰め合ううちに関係を持ってしまい悩みますが、お互いをベストパートナーと気づいた2人は紆余曲折を繰り返しながら無事結婚します。その後は養子を迎えて、郊外に一軒家を購入し引っ越しするところで「フレンズ」(ドラマ)は最終回となりました。

マシュー・ペリーの今は?

マシュー・ペリーは現在50歳。「フレンズ」(ドラマ)放送中にもアルコールや痛み止めなどの薬物依存によりリハビリ施設に入所したこともあり、その間はドラマや撮影中の映画も撮影が中断されました。

リハビリ復帰後に「フレンズ」(ドラマ)に出演した時はイスに座ったままの出演でした。

またシーズン3での激ヤセ、シーズン6後半から7冒頭までの間はどうみても様子がおかしいところもあり、ファンも心配していました。

また、その後も飲酒運転やリハビリ施設に再入所するなどの報道がありましたが、現在は元気になっているようです。

↓↓↓話題の「フレンズ」(ドラマ)のセットを再現したレゴが発売されたことツイートするマシュー・ペリー

 

”「フレンズ」のレゴではチャンドラーが一番かっこいいよね”のツイートに7.8万いいねがついていますね。

 

 

 

 

 

 

マット・ルブラン(ジョーイ・トリビアーニ役)

売れない役者でチャンドラーのルームメイトのジョーイ。大食漢で女好きのイタリア系アメリカ人らしくおおらかなところもあるかと思えば、友達思いで優しい一面もある憎めないおバカキャラが最高でした。後半はレイチェルに思いを寄せますが最後は潔く身を引きました。

また親友のチャンドラーが新居にジョーイの部屋を用意していたことも、なんだか笑えて泣ける名場面でしたね。

最初は売れない役者で四苦八苦していましたが、昼メロドラマ「愛の病院日誌」(Days of Our Lives)にラモーレ医師という役で出演しブレイク!シーズン10では映画に出演したりとスター俳優になっていました。

「フレンズ」(ドラマ)終了後に、スピンオフとしてジョーイが1人LAに移り、俳優仲間と生活を始めるドラマ「ジョーイ」が放送開始しています。

 

ジョーイが出演してブレイクした「愛の病院日誌」(Days Of Our Lives)は本当に存在している昼メロドラマで1965年から現在もNBCテレビで放送中。キャストが世代交代を繰り返しながら、ほぼ毎日放送されているお化け長寿番組です。

お決まりの大げさなリアクションや、実は兄妹だった親子だった等の「昼メロあるある展開」をジョーイが演じているのが面白かったですね。

 

マット・ルブランの今は?

マット・ルブランは現在52歳。

長年のパートナーであったメリッサ・マクナイトと結婚し一児をもうけましたが、2006年に離婚。現在は独身となっているようですが、「トップギア」というバイクの番組に出演した縁で、番組プロデューサーと真剣交際していることが発表されていますね。

「フレンズ」(ドラマ)終了後にはルーシー・リューのボーイフレンド役で映画「チェーリーズ・エンジェル」に出演したり、テレビドラマ「ジョーイ」や「マット・ルブランの元気か〜いい?ハリウッド」などで人気を博しています。

また今現在放送中の「Man With a Plan」というシットコム(コメディドラマ)に主演しており、放送から3年目を迎えています。
↓↓↓Man with a Planの宣伝をするマットルブラン

 

 

 

 

 

リサ・クドロー(フィービー・ビュッフェ役)

モニカも元ルームメイトでスピリチュアル発言が多い不思議女子のフィービー。14歳の頃に母親が自殺した後に路上生活などを経て、マッサージ師として生活しています。思想やポリシーが独特で周りがびっくりすることもありますが、本人は至ってマイペース。

ギターが上手でコーヒーショップ「セントラルパーク」でミニライブを披露することも。代表曲「ネコはくちゃい(Smelly Cat)」がブレイクするも、自分らしくないといういかにもフィービーらしい理由で身を引いたりしていますね。

様々な恋愛遍歴がありましたが、最後はマイクと結婚しハッピーエンドとなりました。

 

リサ・クドローの今は?

リサ・クドローは現在56歳。1995年に結婚し一児をもうけ、現在も結婚生活は無事継続中。

シーズン5では義弟夫婦の代理母として3つ子を出産するストーリーがありますが、これはリサの本当の妊娠をストーリーに生かした設定になっています。

「フレンズ」(ドラマ)終了後も映画「アナライズミー」「ドクタードリトル」「水曜日もエミリア」など話題作に出演、アニメ「ボスベイビー」ではティムのママを演じました。自らがプロデューサーもしているコメディ作品「Web Therapy」は2008年〜2016年まで放送され人気を博しました。

またプロデューサーを務めたリアリティ番組「Who Do  You Think You Are?」が7年ぶりに復活することも発表されました。その発表を喜ぶリサ・クドローのツイート↓↓↓

 

 

 

まとめ

「フレンズ」(ドラマ)の6人は今も元気に活躍中でした!

また25周年などでキャストが集まるようなイベントがあるといいのですが今の所はそういった発表はありません。ただ、キャスト同士は連絡を取り合っているようで、ジェニファー・アニストンによれば「再結集も夢ではない」ようです。

↓↓↓アメリカの有名なラジオ番組に出演したアニストンは、「ついこの間」モニカ役のコートニーの家に出演者全員が集まりパーティをしたと語りました。たまたま全員のスケジュールが合ったそうで、集まるのは珍しいことではないそうですよ!

続報がでましたら、こちらで更新していきたいと思います!

↓↓↓「フレンズ」をもう一度全話見たい!英語の勉強にもなりますね!

タイトルとURLをコピーしました