グッドオーメンズ(ドラマ)のあらすじと感想!【第6話(最終話)】

エンタメ
スポンサーリンク

Amazonプライムで配信中の「グッドオーメンズ」(ドラマ)のあらすじと感想についてまとめています。

とても面白いドラマが見放題になっていると聞いて、「グッドオーメンズ」(ドラマ)を全話見てきました。

 

かなりブラックなネタ満載で、これをよくBBC(イギリス国営放送)で放映できたなぁと感心してしまいます。イギリスの皆さんはユーモアに寛容ですね!

あまりにおもしろかったので、ここでは「グッドオーメンズ」のあらすじと感想、そして「グッドオーメン」の世界観について解説などをまとめています。

※ネタバレがありますので、ご注意ください!

グッドオーメンズ(ドラマ)とは?

2019年アメリカとイギリスの合作の全6話のドラマシリーズです。5月31日にAmazonプライムにて配信が開始、またイギリス国営放送BBC2でも放送されました。

原作はニール・ゲイマンとテリー・プラチェットの共作のファンタジー小説。映像化を熱望していたテリー・プラチェットの遺言を受けて、ニール・ゲイマンが製作総指揮と脚本を担当してドラマ化されました。

主演はマイケル・シーン(アジラフェル役)と、デイビッド・テナント(クロウリー役)。

Good Omens – Official Trailer | Prime Video

グッドオーメンズ第1話あらすじと感想、「ハルマゲドン」と4騎士の解説はこちらから。

グッドオーメンズ第2話あらすじと感想はこちらから。

グッドオーメンズ第3話あらすじと感想はこちらから。

グッドオーメンズ第4話あらすじと感想はこちらから。

グッドオーメンズ第5話あらすじと感想はこちらから。

 

↓↓↓「グッドオーメンズ」(ドラマ)が見れるのはAmazonプライムだけ!お申込みはこちらから!
Amazonプライム・ビデオ

グッドオーメンズ(ドラマ)のあらすじ【第6話】

世界の破滅「ハルマゲドン」まであと16分となり、「汚染」されコントロールの聞かなくなった世界各地のミサイルが発射されようとしていた。

空軍基地の中では、4騎士とアダムと友達が対峙していた。クロウリーとアジラフェルがアダムの側に駆けつけ、アダムを励ます。

 

「反キリスト(滅びの子)」としての任務を果たせという4騎士にアダムは従わずに友達と一緒に4騎士のうちの3騎士を滅ぼすことに成功した。「死の騎士」は逃げていった。

その頃、アナセマとニュートンは空軍基地のコンピューター室に入り込み、ミサイルの発射を止める事に成功した。

しかし、アジラフェルとクロウリーの上司がそれぞれ天国と地獄から現れて、「ハルマゲドン」を予定通り行うようにアダムに迫る。「ハルマゲドン」は「神の計画」で計画通りに行われなくてはならないと説得しようとするか、アダムは応じない。

天使と悪魔は、それなら”アダムの父親”であるサタンに言いつけてやるといって消えて行った。

すると、サタンが大きい鬼の姿で地下から現れる。しかし、アダムは「僕が11歳になる今の今まで会いにこないなんて、本当の父親なんかじゃない!」と叫ぶと、その声でサタンは消えていった。

 

「反キリスト(滅びの子)」は望んだことが実現する力を持っていて、その力が功を奏した。アジラフェル、クロウリーとアダムは「ハルマゲドン」を阻止したのだった。

 

「ハルマゲドン」が阻止されたことで、世界は元通りになった。アダムと友達もみんな元の生活に戻った。町も、アジラフェルの書店やクロウリーの車も元通りになった。

 

しかし、2人はそれぞれの上司から「ハルマゲドン」(天国と地獄の最終戦争)をとめた責任を取り「消滅」させられそうになった。アジラフェルは地獄の炎に、クロウリーは天国の聖水に身を投じるように強要されたが2人は「消滅」しなかった。そんな2人に天国と地獄の上司たちは恐れおののき、今後はあまりこの2人に関わらないようにすることにした。

 

その頃、タッドフィールドのアナセマの家に300年前に発注された「荷物」が届く。ニュートンと一緒に荷物あけると、それはアグネス・ナッターからの贈り物で「ハルマゲドン」を阻止し世界を救った2人への今後10年の予言書だった。しかし、「誰かの孫」として生きるのはもう疲れたとアナセマとニュートンは2人で予言書を燃やした。

 

世界を救ったアジラフェルとクロウリーはお気に入りのホテルのレストランにいた。2人は姿を入れ替えて「消滅」を逃れていた。「死」の騎士は逃げたまま、この平和もしばらくの小休止のようなもので、いつかまた天国と地獄は戦争を始めようとするだろうと予測する2人。しかし、今はこのすばらしい世界を楽しもうとお互いに乾杯するのでした。

 

グッドオーメンズ(ドラマ)の感想【第6話(最終話)】

グッドオーメンズ(ドラマ)の第6話(最終話)の個人的な感想をまとめました!

フツーの子のフツーの感覚が世界を救う

「反キリスト(滅びの子)」として「ハルマゲドン」を始めるために産まれたはずのアダムは、手違いでフツーの家庭でフツーに育ってしまいました。なので、4騎士やサタンに対しても「ごくフツーの感覚」をなくさずに対峙していくところが最高に面白かったですね。

「きれいな世界のほうがいいにきまってる!」

「戦争なんかくだらない!平和を信じたい」

「健康的に暮らすのはいいことだと思う」

アダムが友達に「言いたい事を言って!」を力を与えます。そして友達3人の強い言葉が4騎士のうちの3騎士を消したのですが、フツーの子どもにやられる3騎士ってどうなんでしょう?それにしても弱すぎでは?(笑)

アナセマとニュートンのカップルがかわいい

魔女アグネス・ナッターの子孫アナセマと、アグネス・ナッターを魔女裁判で殺したパルシファー軍曹の子孫ニュートンのカップルが、でこぼこな感じでとても可愛いですね。

特にニュートンは、アグネスナッターを殺した呪いが一族全体に未だにかかっており、触れた電子機器が全て壊れるようになっていましたね。この現代ではその呪いが原因で定職につけずに苦労していましたが、今回初めて役に立ったわけですね。

せっかくアグネスが300年もの昔から送ってくれた、これから10年先の予言書をアナセマは燃やしてしまいました。先祖代々、アグネスの予言書を守ってきた家に生まれ、アナセマへの重圧は凄まじいものがあったでしょう…。けっきょく「誰かの子孫としてくらしていくのはもううんざり」と予言書を燃やしてしまいます。これからはニュートンと2人で静かに暮らしていくのでしょうか?それとも、予言書を燃やしてしまうこともアグネスは予言していたかもしれませんね。

 

 

クロウリー以外の悪魔が気持ち悪い…

クロウリー以外の悪魔が気持ち悪いです。人の形をしていますが、なんかヘンなのが顔とかについてます。「パーレーツオブカリビアン」の呪われた海賊みたいな形です。しかし、悪魔も実は全て元々は天使で、全員が堕天使だったという設定になっています。

とくにクロウリーは元は天使だったと本人も言っています。うっかり話をした相手が悪魔だった、というだけで天国を追い出された!と嘆いています。クロウリーは目がヘビのままなので、いつもサングラスをかけてカモフラージュしていますね。他の悪魔はサングラスくらいでは隠しきれない不気味さです。

 

 

「神の計画」って結局、誰も具体的には知らなかった

「グッドオーメンズ」では、世界の終わりを「ハルマゲドン」「神の計画」「天国と地獄の戦争」「最終戦争」などいろんな言われ方をしていますね。「ヨハネの福音書」にある描写もとても抽象的で結局何が起るのか、何がどうなるのか、誰にもわかりません。

アジラフェルが上司たちに「神の計画」って結局なんなのか問いつめてみると、みな口ごもってしまい誰も具体的には何も知らないことがバレてしまいます。結局誰も何も知らないで、「最終戦争」の準備をしていたことがわかりました。

「神の計画」は「計り知れない計画」であり、誰もわからない、という点をクロウリーが指摘したことでハルマゲドンは完全に阻止されたのです。

 

 

アジラフェルとクロウリーの友情が世界を救った

アジラフェルとクロウリーは最後まであきらめませんでしたね。意外としぶといです(笑)

善い事ばかりしていたのでクロウリーが天使に近づき、ルールを破ってばかりのアジラフェルが悪魔に近づいてしまったから、聖水や地獄の炎に負けなかったのかなと思いました。まさか体を交換していたとは!

体を交換するアイディアは、アグネスの予言書の一部をアジラフェルが見た事からだったのですが、天使も悪魔も読めない未来を読んだアグネス・ナッターって本当にすごい人だったんですね。あの予言書欲しいです。

 

全て収まるところに収まった大団円のラスト

アナセマはニュートンとタッドフィールドで。

シャドウェル軍曹はミセス・トレイシーと郊外の一軒家へ。

アダムは今まで通りにヤング家の長男として、ドッグと一緒に。

アダムの友達も元通りに。

アジラフェルとクロウリーも世界を救い、自分達も無事だったことで祝杯をあげます。お気に入りのリッツホテルのレストランで「世界に」乾杯する2人の姿がまたいいですね〜!

すべて丸く収まり、ハッピーエンドになりました。途中はどうなることかと思いましたが、みんなハッピーのラストでよかったです。

ただ、この平和は更に大きな事件の前触れでしかない、まだ死の騎士も逃げたままになっています。結局また天国と地獄の戦争がいつか始まってしまうのは避けられないのかもしれません。

つまり、この物語には続きがあるということです(笑)

 

まとめ

アダムは友達と力を合わせて、4騎士のうち3騎士を倒した。

アダムはサタンも倒した。

アナセマとニュートンは世界中でミサイルが同時発射するのを止めて、戦争を回避した。

「ハルマゲドン」は回避され、世界は元通りになった。

アジラフェルとクロウリーもそれぞれの上司からの罰から生き延びた。

 

まだ「グッドオーメンズ」の続きは発表されていませんが、まだ続報があればこちらでご紹介したいと思います!

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました