グッドオーメンズ(ドラマ)のあらすじと感想!【第5話】

エンタメ
スポンサーリンク

Amazonプライムで配信中の「グッドオーメンズ」(ドラマ)のあらすじと感想についてまとめています。

とても面白いドラマが見放題になっていると聞いて、「グッドオーメンズ」(ドラマ)を全話見てきました。

小ネタが満載でふふふ…とほくそえんでしまう面白さがたまらないですね。

あまりにおもしろかったので、ここでは「グッドオーメンズ」のあらすじと感想、そして「グッドオーメン」の世界観について解説などをまとめています。

※ネタバレがありますので、ご注意ください!

グッドオーメンズ(ドラマ)とは?

2019年アメリカとイギリスの合作の全6話のドラマシリーズです。5月31日にAmazonプライムにて配信が開始、またイギリス国営放送BBC2でも放送されました。

原作はニール・ゲイマンとテリー・プラチェットの共作のファンタジー小説。映像化を熱望していたテリー・プラチェットの遺言を受けて、ニール・ゲイマンが製作総指揮と脚本を担当してドラマ化されました。

主演はマイケル・シーン(アジラフェル役)と、デイビッド・テナント(クロウリー役)。

Good Omens – Official Trailer | Prime Video

グッドオーメンズ第1話あらすじと感想、「ハルマゲドン」と4騎士「グッドオーメンズ」の世界観についての解説はこちらから。

グッドオーメンズ第2話あらすじと感想はこちらから。

グッドオーメンズ第3話あらすじと感想はこちらから。

グッドオーメンズ第4話あらすじと感想はこちらから。

グッドオーメンズ第6話(最終話)あらすじと感想はこちらから。

 

↓↓↓「グッドオーメンズ」(ドラマ)が見れるのはAmazonプライムだけ!お申込みはこちらから!
Amazonプライム・ビデオ

グッドオーメンズ(ドラマ)のあらすじ【第5話】

グッドオーメンズ【第5話】「世界は私に懸かっている」あらすじ

世界の破滅まで1時間46分。

連絡のつかないアジラフェルを心配してクロウリーが駆けつけると、書店は火事になっておりアジラフェルの姿はなかった。燃える書店から「アグネス・ナッターの非常に正確な予言書」を拾ったクロウリーは、親友を失ったと嘆きバーで酒をあおる。

そこへアジラフェルの魂が現れ、予言書にはさんだメモに本物の「反キリスト(滅びの子)」の居場所かあると教えてくれる。クロウリーは急いでその場所タッドフィールドの米軍基地へ向かう。

 

しかし、クロウリーは自分が悪魔の所業として常に混雑するように作ったM25環状高速道路の渋滞にハマってしまった。そこで悪魔の声「世界を喰らう偉大な獣(様)」という言葉に惑わされた人々から炎があがりM25は巨大な火の輪となりロンドンを囲ってしまった。火の輪を気合と想像力で切り抜けたクロウリーは自身の車が燃えるのも構わずタッドフィールドへ急ぐ。

 

 

一方、天国では着々と「戦争」の準備が進んでおり、アジラフェルも召還されるが、地上が心配で命令を無視して戻ってしまう。そのことでアジラフェルは肉体をなくしたことと、炎の剣も6000年前に人間にあげてしまっていたことがバレてしまった。

 

 

すっかり覚醒したアダムは悪魔の声に惑わされ友達を拘束して、世界を破滅に導こうとしていた。しかし、その強引なやり方を友達に批判されて絶交を言い渡されたアダムはショックで目を覚まして、いつものアダムに戻った。

アダムは世界の破滅を止めなくてはと、友達と一緒に自転車でタッドフィールド米空軍基地に向かった。

 

肉体をなくしたアジラフェルは、シャドウェル軍曹の情婦でインチキ占い師のマダムトレイシーの体に乗り移ることに成功していた。シャドウェル軍曹を説得し、2人でタッドフィールドへ向かう。

 

また、アグネス・ナッターの子孫アナセマと、アグネス・ナッターを処刑したパルシファー少佐の子孫ニュートンは関係を結び、2人でタッドフィールド米空軍基地に裏側から侵入に成功していた。

 

4騎士(死、戦争、飢饉、汚染)がタッドフィールド米空軍基地にやってきていた。4騎士は通信基地のコンピューターを「汚染」させ、世界中に「戦争」を起こそうとしていた。

その時、アダムが4騎士に呼びかける。「僕はここだ!」

世界の破滅まで17分とせまっていた。

 

 

「グッドオーメンズ」(ドラマ)【第5話】の感想

「グッドオーメンズ」第5話の個人的な感想です。

クロウリーがカッコいい!

連絡のつかないアジラフェルを案じて、クラシックカーを飛ばしてくるクロウリー!しかし、アジラフェルがいないことを知って神様をのろいます。「俺の親友を奪ったな!」と燃え落ちそうな書店で泣き叫ぶシーンが心に染みます。

アジラフェルがいなくなった事を嘆いて酒をあおっていたのに、アジラフェルが現れた時の嬉しそうな顔といったら…クロウリーはなんてカッコ良くてかわいい人なんでしょうか(笑)

 

問題は消すものではなく、「解決」するもの

悪魔に覚醒しつつあったアダムを引き戻したのは、アダムの友達3人とドッグでした。世界にいらないものは全部消してしまえばいいんだと豪語するアダムに、友達が反論します。「問題は消すものではなく解決するものだよ」子どもの割に言う事がしっかりしていますね。

いかに「反キリスト(滅びの子)」であっても、やはり普通の男の子として育ったアダムにとっては友達から絶交が一番ショックだったのですね。それがきっかけで正気に戻る場面はちょっと感動的ですらありました。

 

悪魔の所業の高速道路

ロンドンを囲むように建てたM25環状高速道路は常に混んでいることで悪名高いのですが、これはクロウリーの仕業でした。なぜ、混雑する高速道路を作る事が悪魔の所業なのか、地獄の仲間達はまったく理解していませんでしたが、人間にとってはこれ以上の悪魔の所業はありませんね(笑)

今回はクロウリー自身がつくったM25の渋滞にハマってしまい、タッドフィールドになかなかたどり着けないというシーンがあり笑えました。

結局M25の混雑にイラついて人々が悪魔の声に惑わされて炎の波を起こしてしまうのですが、クロウリーが「この車は絶対に大丈夫」と思い込む事で炎の中を突っ切って、車に火がついたままタッドフィールドに向かう姿が格好良すぎました。(しかも常にクイーンの音楽がかかっていますね)

 

マダム・トレイシーの一人二役がすごい

肉体を失ったアジラフェルはインチキ霊媒師のマダムトレイシーに乗り移ります。

マダムトレイシー本人の意識もあり、アジラフェルも話したりするので大混乱。マダムトレイシー役の女優さんの演じ分けがすごく面白いです。

しかも、クロウリーがマダムトレイシーを見てすぐ「アジラフェル!」と声をかけて認識しているのも面白かったです。姿が変わってもお互いがわかるんですねえ。

 

現代の「汚染」と「戦争」

4騎士が揃ってタッドフィールド米空軍基地に乗り込み、世界の破滅「ハルマゲドン」を開始しようとします。かつてとは違って、通信基地を乗っ取りコンピューターを「汚染」させることで「戦争」をはじめようとする4騎士。この辺も現代のハルマゲドン(最終戦争)ぽいですね。

ところで天国の皆さんは古風な武装をしていましたが、核ミサイルと駆使した世界戦争の場面で天国の皆さんはどのように戦うつもりだったのでしょうね〜(笑)やはり天国の天使たちはどこかズれていますね。

 

まとめ

  • アジラフェルは肉体をなくしてしまったがマダムトレイシーの肉体に憑衣することに成功した。一方、天国には肉体と「炎の剣」をなくしてしまったことがバレた。
  • クロウリーは地獄の仲間の追跡を振り切った。
  • 関係をもったアナセマとニュートンもアダムのもとへ向かった。
  • 友達の声で正気に戻ったアダムは一緒に4騎士を止めに向かった。
  • 4騎士が戦争を始めようと乗っ取ったタッドフィールド米空軍基地に、アダムとドッグと友達、アジラフェル(マダムトレイシー)とシャドウェル軍曹、クロウリー、アナセマとニュートンが揃って向かっていた。
  • 世界の破滅まであと17分となっていた。

 

次の第6話で最終話ですね。世界の破滅まであと17分となっていますが、大団円となるのでしょうか…?楽しみですね!

 

 

グッドオーメンズ第1話あらすじと感想、「ハルマゲドン」と4騎士の解説はこちらから。

グッドオーメンズ第2話あらすじと感想はこちらから。

グッドオーメンズ第3話あらすじと感想はこちらから。

グッドオーメンズ第4話あらすじと感想はこちらから。

グッドオーメンズ第6話(最終話)あらすじと感想はこちらから。

 

↓↓↓「グッドオーメンズ」(ドラマ)が見れるのはAmazonプライムだけ!お申込みはこちらから!
Amazonプライム・ビデオ

 

 

タイトルとURLをコピーしました