アイターン(ドラマ)ネタバレ第3話! 田中圭の”こわい圭”の見どころは?

アイターン(ドラマ)
スポンサーリンク

「アイターン」(ドラマ)第3話が、いよいよ7月26日(金)深夜0時15分より放送です!

ここではアイターン(ドラマ)の第3話のネタバレと、田中圭さん演じる竜崎の見どころについてまとめています。

主演のムロツヨシさんがツイッターでつぶいた「こわい圭」がトレンド入りするなど、アイターン(ドラマ)も話題になってきていますね!

アイターン(ドラマ)のあらすじは?

アイターンはテレビ東京のドラマ24枠の新ドラマ!

大ヒットした「きのう何食べた?」の後番組となります。
https://twitter.com/tx_nanitabe/status/1142733609331126272?s=21

中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロツヨシ)は45歳にして、





左遷同然の人事で日本最果ての街

“阿修羅市”へ単身赴任することになった。






社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップ
しなければ即閉鎖・即解雇!」





と無理難題を
押し付けられる。





馴れ合いになった業者の見直しや新規の営業…
本社仕込みの営業手腕で
売り上げアップを図る。






そんな中、新規でチラシの制作を請け負った会社から突然、電話が!




これが悪夢の始まりだった…。







怒り心頭の社長・竜崎(田中圭)が手にするのは狛江が担当したチラシ。






そこにはとんでもないミスが!






しかも、その会社は「竜崎組」というヤクザの会社だということが発覚。






狛江は絶体絶命のピンチに陥る。







さらに、追い打ちをかけるように「岩切組」の親分・岩切(古田新太)も怒鳴り込んでくる。







岩切が激怒しているワケとは一体…!?




突然2人の組長に挟まれ危機的状況の狛江。






家族のために働くサラリーマンの人生が一転、
借金を抱え身売りのピンチ。






さらに、岩切は無理やり狛江を「舎弟」として岩切組の一員に!?







“修羅の街”で広告マンとヤクザの危険な二重生活がスタート!







不幸の無限ループに陥った男のI(=自分)ターンとは!?





ドラマ24「Iターン」公式ホームページより

「アイターン」は人気作家・福澤徹三さんの小説が原作となっています。

数々の名作がドラマ化してきた福澤作品の最新作ですね!

アイターン(ドラマ)第3話ネタバレ!田中圭さん演じる竜崎の出番は?

あっという間に多重債務者となり、さらに会社員とヤクザの二重生活が始まった狛江光雄(ムロツヨシさん)は、岩切(古田新太さん)と竜崎(田中圭さん)の両方から迷惑料をことあるごとに催促されて困り果てる。

そんな時に、岩切は狛江が営業をかけている大手百貨店の情報を知ってとんでもない提案を持ちかけて来た。スナック来夢来都のママ麗香(黒木瞳さん)も巻き込んで事態は思わぬ展開に…。

さらに金策尽き果てた狛江に、竜崎が借金を帳消しにする甘い誘いが…。これがさらなる悲劇の幕開けだった!

第3話のゲストは第2話からの引き続きTKOの木下隆行さん、阿佐ヶ谷姉妹、アントニーさんが登場します。

 

アイターン(ドラマ)ネタバレ第3話!田中圭の”こわい圭”の見どころは?

第2話では狛江の悪夢の中で「指つめろ」と組員と「ゆーび、ゆーび、ゆーび!」と包丁(しかも家庭用)を持って詰め寄ってくる竜崎と、狛江から300万をせしめてスゴむ竜崎しか映りませんでしたね…!

第3話では、”こわい圭”がたくさん見れるのではないかと思います。

田中圭さん演じる竜崎は、親戚筋であるとはいえ岩切(古田新太)をおとしめようと虎視眈々とチャンスを狙っています。狛江を使って岩切を警察に捕まえさせようと密かに罠をしかけてきます。

ところが、岩切も百戦錬磨のヤクザですから、そんな罠をお見通しなのですが、

何もしらない狛江(ムロツヨシ)だけが右往左往する…!そんな様子が目に見えるようです!

 

アイターン(ドラマ)ネタバレ第3話!チワワの昌三さんとは?

女優の柴崎コウが自身のツイッターでつぶいた一言が一時トレンドにあがりましたね。


さて、アイターン(ドラマ)で岩切の愛犬、チワワの昌三さん!

狛江が岩切に昌三さんのお世話係をさせられたりして、さらなる笑いをさそっています。

ところでこの可愛いワンちゃんについたいかつい名前「昌三」はどこからきたのでしょうか?


1973年に公開されたヤクザ映画の金字塔「仁義なき戦い」の主人公、広能昌三(菅原文太)にちなんでいるそうです。こんな可愛いワンちゃんにもヤクザの矜持が生きているのでしょうかね…?

 

まとめ

アイターン(ドラマ)は、ムロツヨシさん独特の間合いや雰囲気でかなり面白ドラマにしあがっていますね!原作にある暗い雰囲気はあまり感じさせられないのは役者さんと監督の手腕なのでしょう。

やられっぱなしの狛江ですが、ドラマは中盤から急展開!狛江の逆襲にうつっていきますので、お楽しみに!

 

↓↓↓原作「アイターン」はこちらから購入できます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Iターン (文春文庫) [ 福澤 徹三 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/8/9時点)

 

 

タイトルとURLをコピーしました